どうぎんカーリングクラシック


大会ご挨拶

  1. どうぎんカーリングクラシック2017大会長 北海道銀行 会長 堰八 義博


    Yoshihiro Sekihachi President of Hokkaido Bank Curling Classic 2018 Committee, Chairman of Hokkaido Bank, Ltd.

    2015年から開催しております「どうぎんカーリングクラシック」も今年で第4回目を迎えました。

    毎年、真夏に開催されるこの大会は、屋外の熱気同様、シート内でもレベルの高い、熱い戦いが繰り広げられる大会として歴史を刻んでおります。

    昨年の本大会ではオリンピック直前のタイミングもあり、過去最高の観戦入場者数となりました。そして、今年2月の平昌オリンピックにおいて、男女ともに日本代表チームが活躍したこともあり、カーリング観戦人気は更に高まっています。

    今大会にもこれまでにない道内外からの観戦希望に関するお問い合わせが寄せられており、注目度の高まりを実感しています。

    残念ながらオリンピック終了後の休養時期と重なり、日本男女をはじめ各国の代表チームは今年の大会に参加いただけませんでしたが、男女とも今年2月に開催された日本選手権優勝チームが参加するほか、韓国から女子2チーム、男子1チームも参加しています。

    また、4年後の北京オリンピックを目指し、新しく結成されたチームも参加しておりますので、熱い戦いが繰り広げられることを期待しています。

    会場となる「どうぎんカーリングスタジアム」は平成24年9月に開場し、間もなく6年目を迎えることとなりますが、札幌市民にとどまらず、道内外の観光旅行者など多くの方にご利用いただく人気施設であり、この会場で毎年開催できることを嬉しく思っています。

     

    最後になりますが、ご参加いただく各チームのご活躍を祈念いたしますとともに、大会開催にご協力いただいた関係各位に心より感謝を申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。


    The Hokkaido Bank Curling Classic began in 2015, making this the fourth time for this Curling tournament to be held so far.

    Our curling tournament is carving itself into history, as the mid summer heat in which the tournament takes place poses no match for the heat and sparks that fly off between the teams as they bring their best and most to the rink.

    Since the tournament last year was held just before the Winter Olympic Games, we had the most spectators ever. As a result of the excellent performance of both the women’s and men’s Japanese teams in the PyeongChang Winter Olympics, more people are interested in watching curling than ever before.

    We truly sense the surge in popularity from the record number of inquiries we have received the tournament from both within and outside Hokkaido.

    Unfortunately, all of the various international teams, including Japanese men’s and women’s teams, who participated in this year’s Winter Olympic Games are currently taking a break and cannot take part in this tournament, however, the winning men’s and women’s teams of this February’s Japan Curling Championships as well as two Korean women’s teams and one Korean men’s team will be participating in our tournament.

    In addition, new teams aiming at joining the Beijing Winter Olympic Games held four years from now will also be taking part in our tournament, and I hope to see heated and exciting matches throughout the tournament.

    We are delighted to be able to have our tournament at the Dogin Curling Stadium every year, which will mark its sixth year this September since its grand opening in 2012 and is very popular among the local citizens in Sapporo and visitors from both within and outside of Hokkaido.

    In conclusion, we would like to offer prayers of supporters to all the participating curlers, and express our deepest gratitude for all members and parties who have made this tournament possible.

  2. どうぎんカーリングクラシック2017大会実行委員長 一般社団法人札幌カーリング協会 会長 湯浅 哲彦


    Tetsuhiko Yuasa Chief of Hokkaido Bank Curling Classic 2018 Executive Committee, President of Sapporo Curling Association

    今年もこうして国内外から男女の強豪チームをお招きし、「どうぎんカーリングクラシック2018」を開催できることを大変うれしく思います。そして、ご参加いただく選手、チーム関係の皆様を心から歓迎いたしたいと思います。

    2017年のシーズンは、「平昌冬季オリンピック大会」において、カーリング女子日本代表が銅メダルを獲得するという快挙を成し遂げました。

    日本代表チームがそのオリンピックでの活躍を通して、カーリングのすばらしさを日本の隅々まで伝えてくれましたので、ここ「どうぎんカーリングスタジアム」にも、カーリングの魅力に直接触れるために多くの方々が訪れてくださいました。今後も、皆様がカーリングの良きサポーターとして定着し、日本のカーリングを盛り上げていただくことを願っております。

    カーリング競技はウィンタースポーツですが、オールシーズンでの取り組みが重要になっています。本競技大会も夏のイベントとして注目され、そして定着してきましたので、更に大会を充実、発展させることが我々に課せられた役割と感じております。

    まだまだ、先の事のように思っていましたが、もうすでに4年後の「北京冬季オリンピック大会」への戦いは始まっています。

    この「どうぎんカーリングクラシック2018」は、多くのチームにとって北京へ向けてのスタートの場であり、また、若い力のシーズンの幕開けでもあります。この大会での活躍が、今シーズンそして未来の成績を占うものになるのは間違いありませんので、皆さんの奮闘を祈っております。

    また、選手の皆様が持てる力を十二分に発揮し、その技と熱い想いで見る者を魅了し、北海道、札幌市民の冬季スポーツ・冬季オリンピックへの関心を高める場にもしていただく事を心より願っております。そして我々も、この「どうぎんカーリングスタジアム」を素晴らしいパフォーマンスが発揮できる最高の舞台にすることをお約束し、挨拶とさせて頂きます。


    I am truly pleased to invite leading teams from both within and outside Japan and host the Hokkaido Bank Curling Classic 2018 again this year. I would like to extend my heartfelt welcome to all of the participating curlers and officials.

    The 2017 season turned out to be a superb one for Japanese curling because of the Japanese women’s team’s winning of the bronze medal in the Winter Olympic Games held in PyeongChang.

     

    Due to their achievement in the Olympics, the appeal of curling was spread nationwide throughout Japan, which led more and more people to come and play here in the Hokkaido Bank Curling Stadium in order to experience firsthand the attraction of curling. I really hope that all people become firm curling supporters and continue to boost curling in Japan.

    Although curling is a winter sport, we are currently trying hard to extend its period of play to all seasons of the year, which is vital for the sport. The Hokkaido Bank Curling Classic has been watched and recognized as a summer event and it is our duty to make the event more fruitful and develop it even further.

    The Beijing Winter Olympic Games will be held four years from now, which is a long time ahead, but indeed the competitions leading to the games have already begun.

    The Hokkaido Bank Curling Classic will be the first of the lead-up games to the Olympics for a lot of teams as well as the first ever games for many young curlers. Their performance in the games should act as an indicator of how well each of the teams will succeed this season and future seasons, so I look forward to seeing all the curlers do their best in these games.

    In addition, I hope all the curlers will demonstrate their ability to the fullest extent in these games and inspire the spectators through exciting matches and raise both awareness of winter sports in general and also interest in a possible future Winter Olympic Games in Sapporo among the people of the city and all of Hokkaido. As a conclusion, to help realize this, we promise to make every effort to provide the best possible stage for all of the participating teams.


loading