どうぎんカーリングクラシック


大会ご挨拶

  1. どうぎんカーリングクラシック2016大会長 北海道銀行 会長 堰八 義博

    どうぎんカーリングクラシック2016大会長 Chairman, Hokkaido Bank Curling Classic 2016 北海道銀行 会長 Chairman Hokkaido Bank, Ltd. 堰八 義博 Yoshihiro Sekihachi

    昨年8月に産声をあげた「どうぎんカーリングクラシック」を今年も第二回大会として開催することができ、大変うれしく存じております。
    昨年よりも参加チーム数が増え、男女別の大会枠となったほか 、海外からのチームが男女とも5チームずつ参加するという国際色豊かな大会となりました。韓国、中国のアジアのチームのほかカーリングの強豪国 カナダ、さらにはドイツからの参戦が決まり、日本のトップ3が海外勢をどう迎え撃つのか、一試合一試合がたいへん楽しみです。

    会場となる「どうぎんカーリングスタジアム」ですが、今大会のために本場カナダからアイスメーカー デーブマクリンガー氏にお越しいただき、最高のアイスコンディションを用意していただけることも楽しみのひとつとなりました。

    ところで、札幌市は2026年の冬季オリンピック・パラリンピック開催都市に立候補することを表明しました。2019年に国際オリピック委員会で開催都市を決定することとなりますが、本大会が札幌でのカーリング競技の一層の普及と冬季オリンピック・パラリンピック誘致活動へのはずみになれば幸いと考えております。

    また、今大会は道庁の北海道・黒龍江省 友好提携30周年記念事業と連携した開催となり、大会が一層華やかなものになりました。中国 黒竜江省およびカナダ アルバータ州とのカーリングを通じた国際交流のなお一層の発展をご祈念申し上げます。

    最後になりますが、日本各地および海外からお集まりいただいた選手のご活躍をご祈念いたしますとともに、大会開催にご協力いただいた関係各位に心より感謝を申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

    Following on from the inaugural curling event of last year, it is our great pleasure this year to be able to host the second Hokkaido Bank Curling Classic.
    This year’s contest sees an increase in the number of teams competing, as well as separate men’s and women’s contests, which will each feature five overseas teams, making this a truly international event. In addition to Asian teams from South Korea and China, we will also be joined by teams from the major curling nations of Canada and Germany. We are looking forward to seeing how Japan’s top three teams fair against these overseas opponents.

    Another special pleasure for us is that, this time, we will be able to call upon the talents of Canadian ice-maker Mr. Dave Merklinger to provide us with the best possible ice surfaces at the Hokkaido Bank Curling Stadium.

    Recently, Sapporo City has made a bid to become the host city of the 2026 Winter Olympic and Paralympic Games. The successful candidate city will be decided by the IOC in 2019. We hope this curling tournament contributes to the further expansion of curling in our city and helps support Sapporo’s efforts to promote itself as the host city for the Winter Olympic and Paralympic Games.

    What’s more, this competition will also be special in that it will be linked to the 30th anniversary events of the friendship pact between Hokkaido and Heilongjiang province in China. I very much hope that through curling we can achieve increased international exchanges with both Heilongjiang province in China and Alberta province in Canada.

    Thank you all again for your participation in this curling competition. I sincerely hope that the curlers from all over Japan and overseas are able to perform to the best of their ability during this tournament, and I also express my heartfelt appreciation to all those whose generous contributions have made this event possible.

  2. どうぎんカーリングクラシック2016大会実行委員長 一般社団法人札幌カーリング協会 会長 湯浅 哲彦

    どうぎんカーリングクラシック2016大会実行委員長 Executive Committee Chief, Hokkaido Bank Curling Classic 2016 一般社団法人札幌カーリング協会 会長 Chairman, Sapporo Curling Association 湯浅 哲彦 Tetsuhiko Yuasa

    昨シーズン日本カーリング界は、世界選手権において日本女子代表が銀メダルを獲得、日本男子代表が4位入賞という快挙に沸き、日本国中を興奮の渦に巻き込んでくれたのは記憶に新しいところです。

    その興奮と感動が、来年2月、ここ「どうぎんカーリングスタジアム」で開催される「2017冬季アジア札幌大会」で再現される事に期待が膨らみます。
    そしてこの度、その同じ会場に国内のトップチームと世界の強豪チームを招いて第2回目となる「どうぎんカーリングクラシック」を開催できることになりました。

    ご参加いただいた遠来の選手、コーチの皆様を心より歓迎申し上げます。
    今年は、北海道のカーリングの発展と歴史に大変深い繋がりを持つカナダアルバータ州、そして中国黒竜江省のチームが北海道庁の黒竜江省友好提携30周年記念事業の一環として参加していただけるのも大変意義深いものがあります。

    このように、札幌の地に日本のトップチームと世界の強豪チームが集い熱戦を繰り広げ、多くの道民、市民を魅了し、スポーツをより身近なものにすることは「2017冬季アジア札幌大会」の成功、ひいては札幌市が推し進めている「2026年冬季オリンピック・パラリンピック」の招致に結びつくものと確信しております。

    この大会が今後も日本のカーリング技術のレベルアップと国際交流の場に、そしてさらには、道民、市民の冬季スポーツへの関心を高める場になることを祈念しまして挨拶とさせていただきます。

    The Japanese women’s curling team’s silver medal win in the 2016 world championships and the men’s team’s 4th place finish were exciting achievements that are still vivid in our memories.

    I hope that same excitement and inspiration they provided us then can be reproduced here at the Hokkaido Bank Curling Stadium at next February’s 2017 Sapporo Asian Winter Games.
    Also, it is wonderful for us today to be able to invite the top domestic teams as well as the leading international teams here to the same stadium to participate in the second Hokkaido Bank Curling Classic.

    We would like to express our warm welcome to the curlers and coaches here from all over the world.
    It is especially significant for us this year to be able to invite the team from Alberta, Canada with its strong involvement in the development and history of curling in Hokkaido. We are also very happy at the participation of the team from Heilongjiang province in China, commemorating 30 years’of friendly ties between Hokkaido and Heilongjiang province.

    I’m sure it will be a great opportunity for the people of Sapporo and all of Hokkaido to see first-hand heated competition among Japan’s top teams and leading overseas teams, and also have a positive influence on the success of the upcoming 2017 Sapporo Asian Winter Games, as well as strengthening our bid to host the 2026 Winter Olympic and Paralympic Games.

    We look forward to the games of this competition. We hope this event helps improve curling skills in Japan as well as expand international exchange and lead to increased participation by local citizens in winter sports in general.


loading