どうぎんカーリングクラシック


大会ご挨拶

  1. どうぎんカーリングクラシック2017大会長 北海道銀行 会長 堰八 義博

    Chairman, Hokkaido Bank Curling Classic 2017 Chairman Hokkaido Bank, Ltd. Yoshihiro Sekihachi

    一昨年8月より開催の「どうぎんカーリングクラッシック」は今年で第3回目を迎えました。

    毎年、真夏に開催されるこの大会は、屋外の熱気同様、シート内でもレベルの高い、熱い戦いが繰り広げられる大会として歴史を刻んでおります。

    今年も選手、チーム関係者、カーリングファン、皆が楽しみ盛り上がる大会を目指して運営していきたいと考えています。

    今大会も国内外から強豪チームに参加いただくこととなりました。実績ある実業団チームに加え、ジュニアクラスの世界選手権代表チームも交え、楽しみな対戦カードが組まれております。

    来年は平昌オリンピックが開催され、日本は男女揃っての出場が決定しておりますが、今大会には男子の日本代表チーム、女子も秋の代表決定戦に出場する2チームが揃って参加します。また、開催国である韓国の男女代表チームも参加しますので、オリンピック本番につながるような試合展開にも期待しています。

    会場となる「どうぎんカーリングスタジアム」は平成24年9月に開場し、間もなく5年目を迎えることとなりますが、北海道におけるカーリング普及に貢献しており、この会場で毎年開催できることも嬉しく思っております。

    最後になりますが、日本各地および海外からお集まりいただいた選手のご活躍をご祈念いたしますとともに、大会開催にご協力いただいた関係各位に心より感謝を申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。


    The Hokkaido Bank Curling Classic began two years ago in the month of August, now making this the third year of this Curling tournament.

    Our curling tournament is carving itself into history, as the mid summer heat in which the tournament takes place poses no match for the heat and sparks that fly off between the teams as they bring their best and most to the rink.

    I hope to make the tournament exciting and enjoyable for all of the curlers, team staff and curling fans again this year.

    Much like in the past, we have many strong domestic and international teams participating in the 2017 tournament. We have teams ranging from works team with a solid track record, to a World Championship Team in the junior class, making for unique matches.

    The two teams from Japan that will participate in the Pyeongchang Olympics next year are partaking in this Hokkaido bank Curling Classic of 2017. These are both men and women’s team: the two women’s teams that will face off at the Olympic trial in autumn of 2017, and the men’s team that is settled to go to the Pyeongchang Olympics. Furthermore, the host country of Pyeongchang Olympics, Korea, will be sending both their men and women’s team into our tournament, thus nicely setting the stage for next year’s Olympics.

    We are delighted to be able to have our tournament at the Dogin Curling Stadium, which has played a major role in the spread of curling throughout Hokkaido for almost five years since its grand opening in September 2012.

    Finally, we would like to send our supporting prayers for all curlers from all over Japan and all corners of the world, and give our deepest gratitude for all members and parties who have made this tournament possible.

  2. どうぎんカーリングクラシック2017大会実行委員長 一般社団法人札幌カーリング協会 会長 湯浅 哲彦

    Executive Committee Chief,
    Hokkaido Bank Curling Classic 2017
    Chairman, Sapporo Curling Association Tetsuhiko Yuasa

    今年もこうして国内外から強豪チームをお招きし、「どうぎんカーリングクラシック2017」を開催できる運びとなり大変うれしく思います。ご参加いただく選手、チーム関係の皆様を心から歓迎致します。

    2016年のシーズンは、日本カーリング界にとって、カーリング競技が「1998冬季オリンピック長野大会以来となる、男子、女子が同時に冬季オリンピック大会の出場権を獲得するという大変素晴らしい年になりました。

    次期冬季オリンピックは、来年2018年2月に、隣国であります韓国「平昌での開催です。日本代表チームの活躍を大いに期待するところです。

    また、当地、札幌においては、本年2月「2017冬季アジア札幌大会が開催され、カーリング競技はもとより、冬季スポーツの素晴らしさが再認識された大会となりました。そして、全ての競技においてその運営能力の高さが示され「2026冬季オリンピック・パラリンピック招致」への大きなステップになったのは間違いないと自負しております。

    この「どうぎんカーリングクラシックは、多くのチームにとってシーズンの幕開けの大会となり、ここでの活躍が、今シーズンの成績を占うものになると思いますので皆様の奮闘を期待しております。さらに今年は、「冬季オリンピック平昌大会に向けてのレースの始まりでもあります。各国においてオリンピック代表の座を狙うチーム、又、オリンピックの表彰台を狙うチームにとっても、この大会が素晴らしいスタートの場になることを願っております。

    最後になりますが、選手の皆様が持てる力を十二分に発揮し、その熱い戦いで見る者を魅了し、北海道民、札幌市民の冬季スポーツへの関心を高める場にして頂く事を心より願い、そして、我々もそのために最高の舞台を提供することをお約束し、ご挨拶とさせていただきます。


    I am truly pleased to invite leading teams from both within and outside Japan and host the Hokkaido Bank Curling Classic 2017 again this year. I would like to extend my heartfelt welcome to all of the participating curlers and officials.

    The 2016 season turned out to be a superb one for Japanese curling because of the success of both of the men’s and women’s teams in qualifying for the upcoming Winter Olympic Games. Due to this achievement, both teams will be able to participate in the upcoming Olympics concurrently for the first time since the 1998 Nagano Winter Olympic Games.

    The next Winter Olympics will be held in February 2018 in Pyeongchang, in our neighboring country, Korea. I earnestly hope to see a remarkable performance by the Japanese teams in the competition.

    Sapporo hosted the 2017 Asian Winter Games in February this year enabling the splendidness of not only curling but all winter sports to be appreciated anew by all. Also, the efficient manner in which the games were organized and managed will add strength to our bid to host the 2026 Winter Olympic and Paralympic Games here in Sapporo too.

    The Hokkaido Bank Curling Classic will be the opening games of this season for almost all the participating teams. Their performance in the games should act as an indicator of how well each of the teams will succeed this season, so I look forward to seeing all the curlers do their best in these games. In addition, this year marks the beginning of the season that will ultimately lead to the Pyeongchang Winter Olympics. I hope the teams, who are aiming to be chosen as their countries’ representative Olympic teams or at the Olympic podium itself will make a good start in these games.

    In conclusion, I hope all the curlers will demonstrate their ability to the fullest extent in these games and inspire the spectators, through exciting matches, and raise the awareness of winter sports among the people of Sapporo and all of Hokkaido. To help realize this, we promise to make every effort to provide the best possible stage for all of the participating teams.


loading