どうぎんカーリングクラシック


大会ご挨拶

  1. どうぎんカーリングクラシック2019大会長 北海道銀行 会長 堰八 義博


    Yoshihiro Sekihachi President of Hokkaido Bank Curling Classic 2019 Committee, Chairman of Hokkaido Bank, Ltd.

    2015年から開催しております「どうぎんカーリングクラシック」も、今年で第5回を迎えました。

    昨年からWorld Curling Tour認定大会となり、世界中のカーリングファンに開催内容が周知されておりますが、開催を重ねるごとに、本大会の注目度が高まっておりますことを大変喜ばしく感じています。

    毎年真夏に開催している大会ではありますが、今年も男女の強豪チームに多数参加いただくこととなりました。ご参加いただく選手、チーム関係者の皆様を心から歓迎いたします。

    今年の本大会は、これまでの男女各8チームからそれぞれ10チームとし、大会規模を拡大しました。また、日本国内に加え、中国、韓国、カナダ、ロシアといった海外からもトップチームに参加いただき、国際大会らしい参加メンバーとなりました。

    「どうぎんカーリングクラシック2019」は、各チームにとって3年後の2022年北京オリンピック出場に向け、活動を本格化する大会となります。

    この大会での活躍が、今シーズンそして北京オリンピックへ向けての試金石となることは間違いありません。皆さんの奮闘を期待するとともに、熱い戦いが繰り広げられることを楽しみにしています。

    また、この大会を札幌市で開催できることも嬉しく感じております。札幌市は2030年冬季オリンピック・パラリンピックの開催を目指しており、「どうぎんカーリングクラシック」が札幌市民にとって冬季競技に対する関心を高める機会となれば幸いです。

    札幌市は多くの旅行者が訪れる観光都市です。選手、関係者の皆様には、北海道の観光と食事、そして過ごしやすい気候を堪能していただきたいと思います。

    最後になりますが、参加される全チームの活躍を祈念いたしますとともに、大会開催にご協力いただいた関係各位に心より感謝申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。


    The Hokkaido Bank Curling Classic first began in 2015, making this the fifth tournament to be held in the event’s history.

    The tournament was officially accepted into the World Curling Tour last year, raising our event’s visibility even higher within the international curling world. It gives us great pleasure to see our event gather more attention each year.

    Despite being held in mid-summer, many leading men’s and women’s teams will once again be taking part in this year’s event. I would like to extend my heartfelt welcome to all of the participating curlers and officials.

    This year, the number of participating teams has risen to 20, exceeding last year’s total of 16. The event will host top teams from China, Korea, Canada and Russia as well as from Japan, making this a truly international competition.

    We anticipate all the participating teams to put in solid performances as they set their sights on qualifying for the Beijing Winter Olympic Games three years from now.

    The results of this tournament will be a valuable indicator of each team’s prospects of success in the upcoming season as they strive to earn a ticket to compete in those 2022 Winter Olympic Games. I am confident that all the curlers will do their best and demonstrate their maximum ability in an exciting series of matches.

    I am also delighted for this event to be hosted in the city of Sapporo, which is hoping to become a Winter Olympic and Paralympic host city itself for the games in 2030. I very much hope that this curling tournament helps further our citizen’s awareness and interest in winter sports in general.

    Aside from its value as a winter sports venue, Sapporo city is also a major center for tourism, attracting large numbers of tourists each year. I very much wish all the participating members take the opportunity of their visit to experience the area’s excellent sightseeing and sample the local cuisine, taking advantage of the region’s comfortable summer climate.

    In conclusion, I would like to offer my best wishes to the participating curlers, and express my deepest gratitude to every group and individual who has helped make this tournament possible.

loading